折鶴作成の在宅で月収2万4千円

家庭でできて、研修など不要な簡単で技術の要らない在宅といえば、たとえば、「折鶴作成」があります。
販売用の千羽鶴や、結婚式などのイベントで使う折鶴シャワーなどで需要があります。
私は、色々な在宅(折鶴以外にも封筒の宛名書きやシール貼りなどがある)を斡旋してくれる業者に紹介してもらいました。
折鶴だったら誰でも一度は折ったことのあるものだから、もちろん何の技術も不要。
1羽あたり4円ということで、一体高いのか安いのか、時給に換算するといくらになるのか、さっぱり見当がつきませんでしたが、やってみることにしました。

業者からは大量の折り紙と一応折り方のレシピも送られてきました。
折鶴作成のいい所は、テレビを見ながらボチボチと折れるところでしょうか。
物品検品ほどの集中力・正確性は求められず、記事ライターのようにパソコンに向かうわけでもなく、ただ決まった通りに手を動かすだけで良いのです。
夫とおしゃべりしながらできる点も、私にとってはメリットでした。

成果はというと、無言でひたすらスピード重視で折れば、1時間で45~50羽ほど。
時給にして約200円でした。
さすが在宅という程度の時給です。

私は、毎日4時間ほどを折鶴作成に当てていましたので、1日800円ほどでした。

1ヶ月で約24,000円
ちょっとしたお小遣い稼ぎにはなったと思います。

裏技としては、これは家族がいる場合ですが、夫や子供にも手伝わせる。
世帯収入として考えれば、家族4人で1日2時間ずつでも折れば、1日1600円
1週間で約12,000円もの収入になります。
テレビを見ながらでも折れるので、うちでは、よく夜の団欒の時間などに皆でワイワイ折っていました。

ただ、やはりあまりにも単価が安いので、色々と経験した他の在宅に比べたら割の良い在宅とは言えないかなと思います。
折鶴を折るスピードときれいさを得られたのは決してマイナスではなかったですが(実際子供の学校関係の依頼で折鶴をたくさん折る必要があった時に役立ちました)、長くは続かないかなと思いました。

公募ガイドのコンペ応募で稼げます

在宅で副収入としていくつかの仕事があります。
仕事だけでなく「懸賞」のようなものもできるだけ利用して少しでも収入があればと思っています。

少額ながら一番地道に稼いでいるのがブログライター的な記事の執筆です。
記事を書く仕事は何か専門的な仕事で難しいと考える人がいるかもしれませんが私がやっているのは素人レベルの数十文字から数百文字程度の短文で単価も数十円から数百円のものです。
単価が低いのでこの仕事を一日中するのは効率が悪いと思っています。
あくまで開いた時間に何もしないよりも少しでも稼ぐという意味合いで取り組んでいます。

もともと前述の仕事は「ランサーズ」というサイトでフリーのデザイナー的な仕事を得るためにやっていました。
この仕事はライターの仕事と方式が違ってコンペ形式でクライアントに選ばれないと収入がありません。
しかしパソコンを使ってデータを提出する方式は同じで手軽に自宅でできる仕事です。
こちらはコンペ形式であるので単価はそれなりに高くて1点当たり数千円から数万円のものもありこちらもいくらかは選ばれたことがあるので稼がせてもらいました。
こちらは地道に稼ぐというよりかはチャレンジになりますが自分の腕試し的に楽しんでやるのがコツだと思います。

他にはコンペ形式の仕事にはデザインだけでなくネーミングの仕事などもあるのでこちらはデザインの専門の知識や技術がなくても気軽に応募することができます。
誰でもできるので競争率は高くなりますがダメもとで出しておくと当選することもあるのでこちらも事案があるときにいいネーミングを思いつければすぐに提案して出すようにしています。

コンペの続きになりますが、「公募ガイド」と言う雑誌にいろいろとアートからデザイン、小説、アイデアなど多岐に渡るジャンルのコンペが紹介されているので趣味と実益を兼ねて取り組んでいます。
コンペ形式は前述にも述べましたが確実な収入にはなりませんが、入賞すると実績は蓄積されます。
すると次の仕事につながる可能性があるので就職や次の仕事のアピールになり新たな仕事開拓につながっていると思います。

とくにアイデアコンペは専門的なものもなくアイデアを説明できればいいので誰でも気軽に応募できると思います。
コンペ形式に出すのは宝くじや懸賞よりも運任せでなく当たる確率が高いので懸賞に出すよりかは努力するかいがあると思います。

アフィリエイト」などは私の場合はうまく言っていませんが「ブログ」に宣伝を貼ることによって確かに収入はあります。
こちらはブログの訪問者増や専門的な記事、ニッチな記事など特殊性を持たせたりする工夫がいるのでかなりハードルが高いように思います。
ただ、少しでも収入にはなります。

在宅ワークで月3万~7万円稼いでいます

私はいつも「在宅ワーク」で月に3~7万円ぐらいお小遣い稼ぎをしています。

内容としては空いた時間を上手に使って、在宅ワークのサイトとアンケートサイトに数箇所登録して、率のいいお仕事があったら受けています。
アンケートサイトに一旦登録すると、自動的に自分のメールボックスにアンケートが送られてくるので、それにただ回答していくだけでポイントが貯まって換金できる仕組みになっています。
そしてアンケートはただ答えていくだけなので、ほとんど頭を使わなくていいので楽です。

私が稼いでいるお気に入りのサイトは、「リサーチパネル」と「ランサーズ」と「キレイナビ」と「楽天リサーチ」です。
アンケートサイトには座談会というのがたまにあって、参加しておしゃべりするだけで短時間で数千円~1万円もらえるお仕事もあって、とてもおいしいアルバイトです。

他にも「キレイナビ」というサイトで、無料の化粧品モニターで500円~2000円相当の化粧品や健康食品が無料でもらえたり、さらにポイントも付けてもらえます。
私はこのサイトのおかげで、月々のスキンケア代をかなり浮かせる事ができています。
そしてそのサイトの名前通り、、どんどんきれいになるための情報をゲットしながらきれいになれるようにと導いてくれるので、私はこのサイトと出会ってからスキンケアやメイク、ネイル、ダイエットに自然と詳しくなって、少しずつきれいになってきているようです。

あとは「ランサーズ」などで、「データ入力」などのお仕事があったらキープしておいて、空いた時間を使いながら上手にこなして定期収入としてを稼いでいます。
在宅ワークのお仕事って、寒い日とか暑い日、雨の日に外にでなくていいし、自分の体調とか予定に合わせてできるので、うまく時間をコントロールしていきながら習い事にも通いやすいので便利です。
そして在宅ワークでもアンケートなどに常に答えていると、市場というものを掴むことができるので大変勉強になります。

現代のストレス社会と呼ばれる時代に、在宅ワークで楽しくストレスゼロで稼げるなんて、夢見たいな世界ですね。

YouTubeで月3千円稼いでいます

インターネットを使えば様々な在宅が可能です。
どうせやるなら、楽しみながらお小遣い稼ぎが出来るものがいいですよね。
私がお勧めするのは、「YOUTUBE」を利用した広告収入です。

YOUTUBEは世界最大の動画サイトであり、利用者数は8億人を超えると言われています。
ほとんどの人はYOUTUBEを動画閲覧用としてしか利用していないと思いますが、ユーザー登録を行えば自分でも簡単に動画をアップロードできます。

そして、YOUTUBEでは「YOUTUBEパートナープログラム」という制度が実施されています。
これは、再生数の多い動画をたくさんアップロードしているユーザーに企業が広告費を払って、動画に広告を掲載させてもらうというシステムです。
簡単に言えば、YOUTUBEで人気のあるアップロード主になるとお金が貰えるということです。

自分の作った動画をたくさんの人に見てもらって、なおかつお小遣い稼ぎが出来るなんて最高ですよね。

でも動画編集って難しそう」と思っている人でも大丈夫。
「Windows Movie Maker」など、素材を画面上でドラッグするだけで直感的に編集可能な無料ソフトはネット上にたくさんあります。
一度操作を覚えたら、ものの数分でアップロード用の動画を準備できることでしょう。
より手の込んだ編集を行いたければ有料ソフトを購入するも良し。
自分のスキルを高める楽しさも味わえます。

私はサイバーリンク社の「パワーディレクター(PowerDirector)」を使っています。
他の動画編集ソフトも数種類試してみましたが、これが一番直観的な操作が出来て使いやすかったので愛用しています。

どんなコンテンツを作ればいいか悩む方も多いでしょうが、無理に高度なものを追求する必要はありません。
むしろ、視聴者にとって出来るだけ親しみやすい内容の動画のほうが人気は出ます。

実際、YOUTUBEを利用している女性の作品は、日常生活について視聴者と語り合う動画や、メイクのテクニックを紹介する動画など、女性ならではの感性を活かしたものが多いです。
イマジネーションを膨らませて、自分だけのコンテンツを編み出してみましょう。

なお、YOUTUBEパートナープログラムの収入は、人によってまちまちです。
月に数百円程度しか貰っていない人もいれば、年間に1千万円以上稼いでいる人もいます。
私は月に3,000円くらいです。

すべては自分の努力次第。
さあ、YOUTUBEにユーザー登録して、世界中の人に自分の感性を発信してみましょう。

ドロップシッピングで月1万円稼いでいます

私が行なっている在宅アルバイトは「ドロップシッピング」です。
自分が取り扱いたい商品を、ドロップシッピング運営会社のサイトから仕入れ、販売代理をします。
商品の価格は最低価格だけが決められており、それを下回る値決めは禁止なのですが、最低価格を上回る分にはいくらで値決めしてもかまいません。
安ければ他の人よりも売れるかもしれませんが、それだけ利益、つまり手元に入る金額が少なくなってしまうため、「価格設定」は重要な戦略の一つだと思います。

こうしたドロップシッピングの運営会社では、推奨する店のテンプレートがあるため、ブログなどにこうしたテンプレートを合わせて使うと、簡単にネットショップを立ち上げることができます。
それに「ブログ」利用であれば、余計な費用はかからずに、かつ、アクセス数もある程度は期待できます。
しかし、これはあくまでテンプレートなので、自分が気に入ったデザインの店構えではなかったり、あまりデザインには凝っていないため、少々もの足りないかもしれません。

私はwebデザイナーの友人がいるため、格安でショップデザインをしてもらい、ブログは利用せず、自分でショップを立ち上げました。
自分でショップを立ち上げる場合、ブログとは違って、好きなデザインの店を作ることはできますが、ドメインを取得し、「サーバー」をレンタルしないといけないため、費用もかかります。
また、SEO対策等しっかりしていないとアクセスも期待できないため、軌道に乗るまでは大変だと思います。

私も実際、こうしたショップを立ち上げた当初は出費ばかりかさみ、数ヶ月は赤字でした。
とは言っても数万円程度の出費なので根気よく続けていましたが、アクセスが少しずつ増え始めてから、1ヶ月に1万円程度は利益が出るようになってきました。

これまでは費用のかからないSEO対策のみに力を入れてきたのですが、低額で行なえる広告も利益から少しずつ出すようになり、アクセスが伸びるにしたがって、売上利益も増えてきました。
こうしたドロップシッピングでの在宅アルバイトは、まだまだ可能性があるように思っています。