公募ガイドのコンペ応募で稼げます

在宅で副収入としていくつかの仕事があります。
仕事だけでなく「懸賞」のようなものもできるだけ利用して少しでも収入があればと思っています。

少額ながら一番地道に稼いでいるのがブログライター的な記事の執筆です。
記事を書く仕事は何か専門的な仕事で難しいと考える人がいるかもしれませんが私がやっているのは素人レベルの数十文字から数百文字程度の短文で単価も数十円から数百円のものです。
単価が低いのでこの仕事を一日中するのは効率が悪いと思っています。
あくまで開いた時間に何もしないよりも少しでも稼ぐという意味合いで取り組んでいます。

もともと前述の仕事は「ランサーズ」というサイトでフリーのデザイナー的な仕事を得るためにやっていました。
この仕事はライターの仕事と方式が違ってコンペ形式でクライアントに選ばれないと収入がありません。
しかしパソコンを使ってデータを提出する方式は同じで手軽に自宅でできる仕事です。
こちらはコンペ形式であるので単価はそれなりに高くて1点当たり数千円から数万円のものもありこちらもいくらかは選ばれたことがあるので稼がせてもらいました。
こちらは地道に稼ぐというよりかはチャレンジになりますが自分の腕試し的に楽しんでやるのがコツだと思います。

他にはコンペ形式の仕事にはデザインだけでなくネーミングの仕事などもあるのでこちらはデザインの専門の知識や技術がなくても気軽に応募することができます。
誰でもできるので競争率は高くなりますがダメもとで出しておくと当選することもあるのでこちらも事案があるときにいいネーミングを思いつければすぐに提案して出すようにしています。

コンペの続きになりますが、「公募ガイド」と言う雑誌にいろいろとアートからデザイン、小説、アイデアなど多岐に渡るジャンルのコンペが紹介されているので趣味と実益を兼ねて取り組んでいます。
コンペ形式は前述にも述べましたが確実な収入にはなりませんが、入賞すると実績は蓄積されます。
すると次の仕事につながる可能性があるので就職や次の仕事のアピールになり新たな仕事開拓につながっていると思います。

とくにアイデアコンペは専門的なものもなくアイデアを説明できればいいので誰でも気軽に応募できると思います。
コンペ形式に出すのは宝くじや懸賞よりも運任せでなく当たる確率が高いので懸賞に出すよりかは努力するかいがあると思います。

アフィリエイト」などは私の場合はうまく言っていませんが「ブログ」に宣伝を貼ることによって確かに収入はあります。
こちらはブログの訪問者増や専門的な記事、ニッチな記事など特殊性を持たせたりする工夫がいるのでかなりハードルが高いように思います。
ただ、少しでも収入にはなります。