YouTubeで月3千円稼いでいます

インターネットを使えば様々な在宅が可能です。
どうせやるなら、楽しみながらお小遣い稼ぎが出来るものがいいですよね。
私がお勧めするのは、「YOUTUBE」を利用した広告収入です。

YOUTUBEは世界最大の動画サイトであり、利用者数は8億人を超えると言われています。
ほとんどの人はYOUTUBEを動画閲覧用としてしか利用していないと思いますが、ユーザー登録を行えば自分でも簡単に動画をアップロードできます。

そして、YOUTUBEでは「YOUTUBEパートナープログラム」という制度が実施されています。
これは、再生数の多い動画をたくさんアップロードしているユーザーに企業が広告費を払って、動画に広告を掲載させてもらうというシステムです。
簡単に言えば、YOUTUBEで人気のあるアップロード主になるとお金が貰えるということです。

自分の作った動画をたくさんの人に見てもらって、なおかつお小遣い稼ぎが出来るなんて最高ですよね。

でも動画編集って難しそう」と思っている人でも大丈夫。
「Windows Movie Maker」など、素材を画面上でドラッグするだけで直感的に編集可能な無料ソフトはネット上にたくさんあります。
一度操作を覚えたら、ものの数分でアップロード用の動画を準備できることでしょう。
より手の込んだ編集を行いたければ有料ソフトを購入するも良し。
自分のスキルを高める楽しさも味わえます。

私はサイバーリンク社の「パワーディレクター(PowerDirector)」を使っています。
他の動画編集ソフトも数種類試してみましたが、これが一番直観的な操作が出来て使いやすかったので愛用しています。

どんなコンテンツを作ればいいか悩む方も多いでしょうが、無理に高度なものを追求する必要はありません。
むしろ、視聴者にとって出来るだけ親しみやすい内容の動画のほうが人気は出ます。

実際、YOUTUBEを利用している女性の作品は、日常生活について視聴者と語り合う動画や、メイクのテクニックを紹介する動画など、女性ならではの感性を活かしたものが多いです。
イマジネーションを膨らませて、自分だけのコンテンツを編み出してみましょう。

なお、YOUTUBEパートナープログラムの収入は、人によってまちまちです。
月に数百円程度しか貰っていない人もいれば、年間に1千万円以上稼いでいる人もいます。
私は月に3,000円くらいです。

すべては自分の努力次第。
さあ、YOUTUBEにユーザー登録して、世界中の人に自分の感性を発信してみましょう。